ユニオンシステム株式会社
建築構造計算ソフトの研究、開発、販売、サービス

資料請求

『3D・DynamicPRO』の特長

一貫構造計算ソフトウェアとの連携

弊社一貫構造計算ソフトウェアの結果を読み込み、一貫計算の解析モデルそのままに応答解析ができます。
(『SS7』『SS3』で扱う特殊形状すべてに対応)
解析結果をもとに、部材の曲げ・せん断・軸方向の復元力特性(スケルトンカーブ)を作成します。

一貫構造計算ソフトウェアとの連携図

以前使用した入力データの読み込みが可能

以前使用した制振部材、解析条件、地震波などを、新規データ作成時に読み込むことができます。
これにより、一貫構造計算ソフトウェアのデータを読み込んですぐに応答解析を実行することができます。

マルチスレッドによる同時計算

応答解析では、最大4つのケースを同時に計算することで計算時間の短縮を実現しました。

1つの物件データでさまざまなケースの組み合わせが可能

1つの物件データで、解析条件と外乱とを組み合わせて解析をすることができます。外乱もグループごとに設定できます。

複数結果の比較検討でケーススタディが簡単

1つの物件データに、制振部材の配置方法など、設計条件を変更した複数の結果(最大5つ)を持つことができます。
それぞれの計算結果を簡単に比較検討ができます。
計算結果に対応した入力データの復元が可能で、様々なケースを試して元に戻すこともできます。

制振部材

一貫構造計算ソフトウェアで作成した解析モデルに対して、制振部材を配置できます。
制振部材は、変位依存型ダンパー(履歴系ダンパー)と速度依存型ダンパー(粘性系ダンパ-、複合ダンパー)を扱います。
ダッシュポットの非線形特性は、折線型または曲線型で評価します。

配置タイプ

履歴系ダンパー(折線型)登録 ばねの接続関係

粘性系ダンパー(折線型)登録 ばねとダッシュポットの接続関係

複合ダンパー(折線型)登録 ダッシュポットとばね、付加質量の接続関係

多様な作図機能

各作図の数値は表形式で表示することができます。コピーしてMicrosoft®Excel®等で利用することができます。

振動アニメーション機能

部材ボリュームをそのまま表現した立体図、あるいはワイヤーフレーム(立体図、平面図、立面図)どちらでも振動アニメーションを確認することができます。
振動アニメーションの画像は、動画ファイル(AVI)に保存できます。
2つのケース(物件が異なるものも可能)を並べることもできます。

振動アニメーション機能図

振動アニメーションを見る

出力機能

計算結果をシート表示で瞬時に確認することができます。また計算結果および入力データをまとめて出力することもできます。

出力機能

機能概要

振動モデル 立体フレームモデル
考慮する変位成分 X・Y・Z・Θx・Θy・Θz・γx・γy(動的自由度としてはX・Y・Z・剛床Θz)
解析規模・特殊形状 『SS7』および『SS3』に準じる
固有値解析法 ハウスホルダー法・ヤコビ法
応答解析機能 直接積分法による弾性解析および弾塑性解析
数値積分方法 Newmarkのβ
減衰タイプ
(内部粘性減衰)
初期剛性比例型・瞬間剛性比例型・質量比例型・レーリー型
初期剛性比例型・瞬間剛性比例型については、構造種別ごとに減衰定数の指定が可能
制振部材について減衰に考慮する/しないの選択が可能
履歴特性の種類
  • 曲げ :線形・標準型・逆行型・原点指向型・最大点指向型*1・TAKEDAモデル 1)*1 *2
  • せん断:線形・標準型・逆行型・原点指向型
  • 軸  :線形・標準型・逆行型・原点指向型・最大点指向型*1・AxialStiffnessモデル 2)*1
    スリップ(引張のみ有効)*3
*1:RC・SRC部材に対してのみ指定可能
*2:除荷剛性パラメータγと内部ループパラメータαの指定が可能
*3:S造のブレースに対してのみ指定可能
入力地震波の方向 X方向・Y方向・Z方向、XYZ方向同時入力、作用角度の入力
地震波ファイル 『SS21シリーズ』地震波ファイル(*.dswv)標準対応
『SS21シリーズ』が出力する加速度時刻歴ファイル(*.acc)、DynamicPRO変換済ファイル(*.dwv)、
『SuperDynamicPRO』の変換済ファイル(*.dy5)が変換可能
TEXTファイル(カンマ・スペース・タブでデータが区切られたファイル、
固定長によりデータが区切られたファイル)が変換可能
制振ダンパーの種類 履歴系ダンパー(折線型)・粘性系ダンパー(折線型・曲線型)・複合ダンパー(折線型・曲線型)
複合ダンパーでは、付加質量要素・Maxwell要素(3要素)の組み合わせが可能
制振ダンパーの配置 壁タイプ(シアリンク型など)・間柱タイプ・ブレースタイプ・柱タイプ・節点間タイプ
参考文献
1)Takeda,Sozen,Nielsen:Reinforced Concrete Response to Simulated Earthquakes, ASCE,1970.12
2)壁谷澤寿海,小谷俊介,青山博之:耐震壁を有する鉄筋コンクリート構造物の非線形地震応答解析,コンクリート工学年次講演会講演論文集,1983

動作環境

OS Microsoft® Windows® 10 / 8.1 / 7 日本語版(64bit版)
CPU お使いのOSが推奨する環境以上
メモリ 4GB(8GB以上を推奨)
その他 DVD-ROMドライブ・インターネットに接続できる環境

1,000節点までの制限*がある『SS21/3D・DynamicPRO-L』もございます。

:一貫構造計算ソフトウェア『SS7』または『SS3』での節点数

  • 商品カタログを送付します
  • 資料請求

お電話でのお問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

(C)  UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.