現在位置
トップページ > 商品・サービス > 振動解析ソフト > SS21/Dynamic復元力特性モデラ > 特徴

商品・サービス

[復元力特性モデル化ソフト]SS21/Dynamic復元力特性モデラ

  • 構造計算ソフト一覧へ
  • 振動解析ソフト一覧へ


効率的なモデル化作業

『Super Build/SS3』の静的弾塑性解析機能を用いて荷重増分解析を行うと、質点系による地震応答解析に必要な情報ファイルが生成され、スケルトンカーブのデータが生成されます。そのファイルを利用することでモデル化を効率よく行うことが可能です。一方、捩れを考慮した地震応答解析を行うには、『Super Build/US2-改訂版』および専用のデータ処理プログラム『Super Build/Text-SuperDynamic』によって生成される、フレーム毎のスケルトンカーブのデータを含んだDynamicオリジナルファイルを用いてモデル化作業を行います。

  • 『SS3』を利用した場合
  • 『US2-改訂版』を利用した場合

スムーズに地震応答解析を実行

モデル化の結果ファイルは、地震応答解析ソフトウェア(プログラム)(『SS21/DynamicPRO』『SS21/SuperDynamicPRO』)に対応した形式で保存されるため、地震応答解析時に減衰定数、履歴タイプ、入力地震動などの追加データを入力すれば計算が実行できます。

等価せん断型および等価曲げせん断型に対応

等価曲げせん断型のイメージ拡大する

自動的に生成されたDynamicオリジナルファイルのスケルトンカーブデータには、等価せん断型および等価曲げせん断型に用いる情報が両方含まれており、目的の置換振動系モデルに応じて、復元力特性のモデル化の時点でいずれかを選択できます。等価せん断型は、各階のスケルトンカーブをそのままTri-Linear型にモデル化し、等価曲げせん断型は、曲げ剛性を常に弾性とし、せん断剛性によるスケルトンカーブをTri-Linear型にモデル化します。また等価曲げ剛性も指定できます。

マウス操作によるモデル化機能

マウス操作によるモデル化機能拡大する

モデル化する際はステップ数や剛性を数値で指定し、結果を逐次確認しながら作業することが可能です。また画面に表示されたスケルトンカーブに対してマウス操作の作業も行え、両方の操作を併用することで、目的どおりのモデル化が行えます。

豊富なモデル化条件

一括指定でスピードアップ

各階のスケルトンカーブをそれぞれ個別にモデル化すると作業量は膨大になりますが、複数の階に対して、共通のモデル化条件を与え、一括してモデル化を実行させることが可能です。共通条件ではモデル化が行えない階や理想的なモデルにならない階がある場合は、当該階に対しさらに共通条件を変更することや個別にモデル化を行うことで効率よく作業することができます。

設計者の意図を反映

地震応答解析において復元力特性のモデルは、その結果に大きな影響を及ぼす重要な設定項目です。できるだけ設計者の意図が反映できるように、各モデル化条件において幾つかの選択肢を設けており、得られた各剛性に対し増減係数を直接指定できるなど、可能な限り理想的なモデルが作成できるよう配慮されています。

商品カタログの表紙

ソフトウェアに関する商品カタログ(無料)をお送りします。
  • ご希望商品の資料を無料でお届けします。右記ボタンから資料請求フォームへお進みください。
  • 資料請求はこちら
    SSL対応

[お電話でのお問い合わせ]受付時間:9:00~12:00/13:00~18:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)東京支店:03-3352-6121、名古屋支店:052-269-3311、大阪支店:06-6768-9338

ページの先頭へ戻る

(C)  UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.