現在位置
トップページ > 商品・サービス > 振動解析ソフト > SS21/ShakePRO > 入力・操作

商品・サービス

[地盤の地震応答解析・告示波作成ソフト]SS21/ShakePRO

  • 構造計算ソフト一覧へ
  • 振動解析ソフト一覧へ


応力-歪モデルを逐次変化させた解析

  • 逐次非線形解析の土の履歴モデルには、H-Dモデル、L+Hモデル、R-Oモデル*2、双曲線モデルを搭載しています。有効応力解析*3は、非排水条件とし、液状化に関する累積損傷度の理論に基づいて計算されます。
  • 過剰間隙水圧比から逐次の有効応力を求め、その影響を考慮したせん断剛性と基準歪みによって、応力-歪モデル*4を逐次変化させて解析することができます。
  • 有効応力解析条件データ*5

    応力-歪モデルを逐次変化させた解析
    拡大する

  • 応力-歪モデルを逐次変化させた解析
    拡大する

サイクリックモビリティに対応

簡単に地盤データを入力拡大する

  • 破壊線と変相線を設定することで密な砂で発生することのあるサイクリックモビリティに対応しています。さらに砂質土の基本特性である拘束圧依存性を簡単に評価でき、観測記録波との対応性の向上が期待できます。

液状化判定

加速度時刻歴拡大する

  • 液状化判定結果(および計算に必要な数値)は、各地層下端の値が計算結果として表示されます。液状化判定に関する計算方法は、建築基礎構造設計指針*6を参考にしています。液状化判定の対象は、指定した「地表面からの深度」と「細粒分含有率」の2つの条件をいずれも満足する地層となります。

*2 社本康広:サイクリックモビリティを考慮した砂の有効応力モデル、第1回地盤工学における数値解析シンポジウム、1986

*3 社本康広、時松孝次、有泉浩蔵:一次元有効応力解析の実地盤に対する適用性、日本建築学会構造系論文報告集 第433号、1992.3

*4 山崎久雄、中川佳久、宮本裕司:H-Dパラメータによる応力-歪モデルを用いた1次元有効応力解析、日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿)、2014.9

*5 大崎順彦:建築基礎構造、技報堂出版、1991.1

*6 畑中宗憲ほか:砂質地盤の内部摩擦角Φdと標準貫入試験のN値の関係についての一考察、日本建築学会構造系論文集 第506号、1998.4

商品カタログの表紙

ソフトウェアに関する商品カタログ(無料)をお送りします。
  • ご希望商品の資料を無料でお届けします。右記ボタンから資料請求フォームへお進みください。
  • 資料請求はこちら
    SSL対応

[お電話でのお問い合わせ]受付時間:9:00~12:00/13:00~18:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)東京支店:03-3352-6121、名古屋支店:052-269-3311、大阪支店:06-6768-9338

ページの先頭へ戻る

(C)  UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.