現在位置
トップページ > お客様の声 > BF1:前田製品販売 株式会社 様

お客様の声

お客様

[基礎設計支援ソフト]Super Build/BF1

ソフトの詳細を見る

(写真)前田製品販売株式会社 様
左から
大島 様、高橋 様、
千葉 様、金子 様
会社名
前田製品販売株式会社様
事業内容:
コンクリート製品の製造並びに販売など
所在地:
東京都江東区

多層地盤における杭の水平力の検討によく使っています。

主なご利用方法を教えてください。

『BF1』は多層地盤における杭の水平力の検討によく使っています。大きな支持力がとれる高支持力杭工法は、今ではどのメーカーでも競い合っていますが、杭径が細いと水平力の検討で厳しい結果になってしまいます。精度良くかつ経済的に検討するためには、従来のように単層ではなく多層地盤で検討する必要があります。杭の種類が多種多様な中、ユニオンさんの『BF1』と『SoilBase2008』を利用して多くの設計事務所様やゼネコン様へ最適な杭の提案を行っています。

(イメージ)土質柱状図と基礎姿図
拡大する
▲土質柱状図と基礎姿図

実際にご利用いただいて、便利だと思うところはどこですか?

操作は、慣れてしまっているので大変使いやすいですね。違和感がありません。出力もどこに何が出力されているかわかりやすいので良いですね。杭は設計過程の中では最後に検討しますが、工事では最初になります。時間がなかなか確保できない中、『BF1』と『SoilBase2008』ならスピーディーに業務を進めることができます。
それから、一貫計算プログラムのシェアはユニオンさんが一番高いので助かります。お客様から『SS3』のデータを頂いて、『BF1』でそのまますぐに検討して結果を渡せるので、大変お客様に喜ばれます。

(イメージ)SS3データとの連携で使用
拡大する
▲SS3データとの連携で使用

また、『BF1』は既製杭をユーザーが自由に追加登録できるようになっていますよね。弊社では自社の評定取得済みの杭をすべてこちらで登録して、希望されるお客様へ、そのデータを配布させていただいてます。そうすることでお客様にも効率よく弊社の杭を検討していただいてます。

(イメージ)既製杭リストの登録
拡大する
▲既製杭リストの登録

他には、数年前にkhの非線形性を考慮することができるようになったおかげで、作業が1/3くらい軽減できるようになりました。昔は特に指摘されなかったのですが、今では必ず指摘を受ける項目です。大変助かりました、ありがとうございます。

(イメージ)kh分布と算定方法
拡大する
▲kh分布と算定方法

他に役立ったソフトなどはありますか?

『SoilBase2008』では液状化の判定機能をよく使っています。大きい物件は一式調査報告が出されていますが、小さい物件は情報が少ないです。その場合は、『SoilBase2008』が重宝しています。
『BF1 Op.1』についてですが、できればスタンダード化して欲しいですね。杭明細などをチェックするのに一覧で見ることができるのが便利です。
『BF1 Op.2』はBromsによる杭の保有耐力を検討する機能ですが、今ではBromsは依頼がほとんどないですね。官庁物件で昔Bromsだったので再度やってほしいというときはありますが。これからは、保有耐力機能の充実をお願いします。検定比も出力して頂いたら助かります。

(イメージ)杭のM-N関係図
拡大する
▲杭のM-N関係図

その他、ユニオンシステムに対するご意見・ご感想などあれば教えてください。

構造設計者が杭を設計する場合、土質についてはかなり地域性があり有効な工法がわからない方も多いので、建物規模から推定して杭の検討依頼がきます。その時はコンサルティング的な対応が必要ですね。商社などはまさにそのような対応をされています。他の杭メーカーさんと会うことも多いのですが、多層地盤ではどこも苦労されており最近では『BF1』をお薦めしています。

本日はありがとうございました。

取材協力:金子 様、大島 様、高橋 様、千葉 様


ソフトの詳細を見る

商品カタログの表紙

ソフトウェアに関する商品カタログ(無料)をお送りします。
  • ご希望商品の資料を無料でお届けします。右記ボタンから資料請求フォームへお進みください。
  • 資料請求はこちら
    SSL対応

[お電話でのお問い合わせ]受付時間:9:00~12:00/13:00~18:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)東京支店:03-3352-6121、名古屋支店:052-269-3311、大阪支店:06-6768-9338

ページの先頭へ戻る

(C)  UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.