現在位置
トップページ > お客様の声 > SuperDynamicPRO:ARUP 様

お客様の声

お客様

[弾塑性地震応答解析ソフト]SS21/SuperDynamicPro

ソフトの詳細を見る

(写真)ARUP 様
笹谷 真通 様
会社名
ARUP 様
事業内容:
技術設計(構造設計、設備設計、ファサードエンジニアリング)およびプロジェクトマネジメント
所在地:
東京都渋谷区

規模・用途を問わず【設計ツール】として利用しています!

弊社ソフトを導入した経緯を教えてください。

もともと当社では、一貫構造計算ソフトではモデル化しづらい建築物の設計を主に行っていましたので、任意形立体解析が可能な自社開発ソフト『GSA』を利用していました。ユニオンシステムのソフト導入については10年程前から、ビルなどの設計業務が増えてきたこともあり、業務の効率化を考えて当時の一貫構造計算ソフト『SS1−改訂版』(現在は『SS3』)を導入しました。

『SS3』の主な利用方法を教えてください。

『SS3』は、小規模住宅からホールや大規模空港施設に至るまで、規模・用途を問わず利用しています。特殊な物件を多く設計しているというイメージがあるかも知れませんが、『SS3』のみで確認申請に提出するケースもあります。また、一見複雑そうに見える建物で『SS3』ではモデル化しづらい物件の場合は、自社任意形立体解析ソフトを併用するなど、建物の性質に合わせてソフトを使い分けています。ソフトの制限のために設計に制限がかかってしまうのは、設計者としてスマートではありませんからね。

(イメージ)3D作図
拡大する
▲3D作図

(イメージ)構造計算書出力
拡大する
▲構造計算書出力

『SS3』で便利だと思う機能を教えてくだい。

マウス入力や3D作図機能によって、ビジュアル的なモデルのチェックや解析結果が吟味できるため、ヒューマンエラーが減り、作業の効率化につながるのが良いと感じています。また、構造計算書出力機能で出てくる応力図も重宝しています。応力図で全体のモデルを確認することで、モデル化や入力などのミスを摘むことができます。建物全体の応力状態がおおよそ自分の想定どおりであれば、3D作図機能の解析結果で出てくる余裕度などを確認しながら、詳細設計の検討に入っていきます。

概要書の自動作成で効率化が図れています。

構造計算概要書の自動作成機能もありがたいですね。以前は一日がかりで概要書を作成しており、生産性が悪いなと感じていました。それが『SS3』の機能アップによって、「概要書を作成する」にチェックを入れるだけでWordファイルに自動作成してくれるのでとても効率化が図れています。また自動作成してくれるので、転記ミスも気にしなくて良いのもありがたいですね。オプションソフトとしては、『Super Build/BF1』も評判が良いですね。以前は支点反力を出して、手計算で杭の設計を行っていました。そのころと比較すると、『BF1』を利用することによってシミュレーションも簡単にでき、とても設計の効率化につながっています。

マニュアルについてはいかがですか?

マニュアルが【入力編】と【計算編】に分かれているところが良いですね。2冊あって面倒だと言う人もいると思います。私も以前は、【入力編】と【計算編】の両方をパラパラと見ていました。しかしソフトに慣れてくると、【入力編】はほとんど見ず、【計算編】のみの確認で事足りるようになりました。やはり設計者としては、ソフトが「どういった計算を行っているのか?」「どのようなモデル化が行われているのか?」などを把握して、ソフトを使用することが重要だと思います。【計算編】にはその辺りがまとまって記載されているので、とても見やすいと感じています。

(イメージ)マニュアル
▲マニュアル

弊社のサポート体制についてはいかがですか?

サポートセンターの方々の対応には満足しております。こちらからの質疑に対しても、的確に返答をいただけるので感謝しております。また、以前に『SS21/Super DynamicPRO』を利用し、付加減衰機構を評価した地震応答解析を行ったときは、ユニオンシステムのテクニカルセンター室に、いろいろとアドバイスをいただき助かりました。このような体制があるのも、ユーザーにとってはとても心強いですね。

今後、ユニオンシステムにどのようなことを期待されますか?

いろいろ海外のソフトを見たり、さわったりしていますが、ユニオンのソフトほどかゆいところに手が届くソフトは他にないと思います。これからも、設計者が安心して利用できる設計ツールを開発していって欲しいと思います。

ARUP 20周年記念ポスター
▲ARUP設立20周年記念展覧

本日はありがとうございました。

取材協力:笹谷 真通 様


ソフトの詳細を見る

商品カタログの表紙

ソフトウェアに関する商品カタログ(無料)をお送りします。
  • ご希望商品の資料を無料でお届けします。右記ボタンから資料請求フォームへお進みください。
  • 資料請求はこちら
    SSL対応

[お電話でのお問い合わせ]受付時間:9:00~12:00/13:00~18:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)東京支店:03-3352-6121、名古屋支店:052-269-3311、大阪支店:06-6768-9338

ページの先頭へ戻る

(C)  UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.