現在位置
トップページ > お客様の声 > SS3:有限会社NCU一級建築士事務所 様

お客様の声

お客様

[一貫構造計算ソフト]Super Build/SS3

ソフトの詳細を見る

(写真)(左より)近藤 様、植畑 様、長瀬 様
(左より)近藤 様、
植畑 様、長瀬 様
会社名
有限会社NCU一級建築士事務所 様
事業内容:
高層建築物の構造設計、免震建築物の構造設計、計画時の構造提案、各種解析、構造図作成業務
所在地:
東京都世田谷区

有限会社NCU一級建築士事務所 様 会社ロゴ
会社のロゴ

『SS3』は構造架構の根幹となるモデルを作成する
プログラムとして、とても重宝しています。

会社のロゴが印象的ですが、社名の由来を教えてください。

代表3名のイニシャルを採用しています。ロゴを優先するために近藤のイニシャルはあえて“c”を採用しました。

(イメージ)事務所風景
▲事務所風景

主にどのような物件が多いですか。

工作物や個人邸もありますが、超高層・制振構造・免震構造の構造評定を得意としています。

(イメージ)『SS3』3D図
拡大する
▲『SS3』3D図

評定物件(大臣認定建物)の実績は何件ですか。

設立して今月でちょうど10年を迎えますが、超高層が16棟・免震構造が65棟・制振構造が17棟(一部重複あり)です。

御社のWebサイトを拝見したところ、その実績が詳細に紹介されていますね。

弊社のような新しい会社は実績をきちんと示すことでお客様の信用を得たいと思いまして、主要な案件をWebサイトに載せようということで今に至っています。業務依頼は、これまでお付き合いのある方からの紹介がほとんどですね。Webサイトのメンテナンスはすべて自前でやっていますが、だんだん更新するのが大変になってきました。

(イメージ)Webサイト業務実績
▲Webサイト業務実績

評定物件に対して、『SS3』はどのように利用されていますか。

設立当時から振動解析プログラムは出身事務所でもある構造計画研究所の『RESPシリーズ』を利用しています。免震物件などの特に質点系モデルでは、『SS3』による弾塑性解析の復元力特性を利用する流れを主に採用しています。振動解析結果に応じた設計用せん断力係数で『SS3』の弾性解析によって1次設計の安全確認をするなど、その辺を使い分けています。

評定物件の場合、『SS3』の出力で足りていない項目はございませんか。

基本的には一貫出力するのですが、『SS3』から出力されるCSVファイルの結果を利用することがメインとなりますね。必要な部分だけ抽出してまとめながら、『EXCEL』で絵を描いたり数字を料理したりしていますので、CSVファイルはものすごく重宝しています。『RESPシリーズ』にデータを受け渡す際は、重量や剛性もCSVファイルを利用していますね。

(イメージ)CSVファイル入出力
拡大する
▲CSVファイル入出力

その他に『SS3』をどのように利用されていますか。

『SS3』はとにかく構造架構の根幹となるモデルを作成するプログラムソフトとしてとても重要で、重量を拾うことと断面設計をすること、これは絶大な信頼があって、そこから先の料理をするのは『RESPシリーズ』を使ったり、告示免震用に手で作ったソフトを使ったり、それぞれの方法でさまざまな使い方をしています。

『SS3』のご要望がございましたらお聞かせください。

だんだん柱のファイバーモデルが流行ってきています。K社の一貫計算や『RESPシリーズ』もファイバーモデル対応になってきていますので、将来、『SS3』が対応してくれたらうれしいですね。特にコアウォール構造みたいなでっかい壁をモデル化する時は、どうしても誤差が大きくなってしまうので、ファイバーの壁でしっかりモデル化を組みたいという要望はあります。ただ、何が何でもすべて取り組めば良いというわけではないと思うので、現在の安定した強みを消さないで進化して欲しいです。大概の大きさの建物だったら『SS3』で一貫してできますので、足りない物は別の手立てで補えばいいので、逆にそこが我々設計者の技量であり見せ所なのかもしれません。あと、『SS3』は入力しながら伏図・軸組図が絵で見えるのがとてもいいのですが、断面の配筋の状態も絵でイメージしながら見えるといいですね。たまにCADで起こしてもらってから配筋が並び過ぎているとか、鉄筋径がバラバラだったりしていることに気付いたりしますので、今後「見える化」できることを期待しています。

(イメージ)平面図、立面図のどちらでも配置可能
拡大する
▲平面図、立面図のどちらでも配置可能

技術協力にも力を入れていらっしゃいますが、具体的な内容をお聞かせください。

名前は外に出ないことになりますが、主にゼネコンさんや構造設計事務所さんに協力しています。基本的に免震や制震が得意な分野ですので、免震部分やそこの特殊技能の部分で協力を求められていることは多いのかなと思います。また、評定を問題なく綺麗にスケジュールどおり通すこともかなり重宝がられていると思います。弊社に頼むとコストが下がるとか、奇抜なアイデアがでるとかそういうことではなくて、たぶん普通にそういうのができるっていうのが、とても皆さんに好評なんじゃないかなって思っています。

本日はありがとうございました。

取材協力:植畑 寛志 様、長瀬 正樹 様、近藤 潤一 様
取材日:2015年6月


ソフトの詳細を見る

商品カタログの表紙

ソフトウェアに関する商品カタログ(無料)をお送りします。
  • ご希望商品の資料を無料でお届けします。右記ボタンから資料請求フォームへお進みください。
  • 資料請求はこちら
    SSL対応

[お電話でのお問い合わせ]受付時間:9:00~12:00/13:00~18:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)東京支店:03-3352-6121、名古屋支店:052-269-3311、大阪支店:06-6768-9338

ページの先頭へ戻る

(C)  UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.