現在位置
トップページ > Q&A

Q&A

更新日:2018年02月03日/Q&A掲載数:3,168題

(!)このページは、ソフトウェア購入者限定コンテンツです。閲覧には、会員登録が必要です。

サイトをご利用いただくには

新着Q&A

2018/01/30
[SS7]
平面図・立面図の○の色について
C1119 柱で、CFT基準により適合不可(長柱制限による)の柱をFDランクとしました。
図面ウィンドウで符号を非表示にしたい
直接入力した横補剛が認識されない
C0101 柱でフレームと柱の方向が大きく異なります。立面図で柱の向きに注意してください。
C0676 S梁で横補剛が構造計算指針(センター指針)の制限値を満たしていません。
隣の材の側面までの距離が異なる場合の協力幅の計算について
C0962 柱脚の設計フローを満足していません。
ダミー層を設けた場合の層間変形角について
柱脚耐力を考慮した場合のDs値の割増しについて
ダミー層を設けた場合の保有水平耐力Quについて
接地圧計算に用いるべた基礎の面積について
節点の上下移動をした場合、梁Qoと節点重量が異なる
杭頭定着筋選定結果の確認方法
指定した層間変形角よりも手前で解析が終了する
Kh(水平地盤反力係数)算定時のN値について
剛域端が梁・柱面よりも節点側にあるときの応力採用位置
「構造計算書出力」の断面算定出力で、全部材出力されない
C0678 S梁で幅厚比がルート1-2またはルート2でFBランク以下になっています。
C0696 S柱で幅厚比がルート1-2またはルート2でFBランク以下になっています。
2017/12/27
[SS7]
ハンチ長さの自動計算について
RC床、デッキ床以外の床(屋根)の登録について
片持梁、片持床先端へ作用させる荷重について
床の削除について
検定比が表示されない
C1106 部材種別の判定で部材耐力に横座屈を考慮していないため座屈降伏を考慮できませんでした。
梁と柱のdtが異なる
有効細長比を“-1”とした引張のみ有効なブレースの部材種別について
水平ブレースの復元力特性について
C1915 一つの部材内で異なる剛床となっています。
X0306 パラペットに作用する風圧力の向きが特定できません。
C1109 部材種別の判定でRC接合部の保証設計が未検討のため考慮できませんでした。
支点破壊後の剛性について
剛心位置が建物の外に出てしまう
クライテリアのチェックに出力される"C.K"の意味
出力形式“代表”で出力する部材について
断面算定の中央の応力が、応力図の中央の値と異なる
増分解析でせん断破壊が発生しなかった部材が、部材種別パラメータでせん断破壊となる
柱の部材種別で直交方向のパラメータが出力される
QAを計算する際のdtついて
部分地下の地盤に伝わるせん断力(軸力の比)の計算方法
C0695 S柱で幅厚比がS規準の制限値を超えています。
多剛床のデータで剛床解除を指定した場合の扱いについて
C0677 S梁で幅厚比がS規準の制限値を超えています。
[その他]
ライセンスを強制的に返却させたい
2017/11/29
[SS7]
芯鉄筋を入力したい
梁結合状態の“鉛直面内”・“水平面内”について
「C1276:柱脚で保有耐力接合を満足していません。」(ベースパック)
C1913(またはC1914) 標準柱に剛性を評価できない柱が指定されています。標準柱の水平剛性を0(ゼロ)として計算します。
C1111 崩壊形の判定において指定された最上層と最下層の上下関係が不正です。
C0753 柱脚でベースプレート・リブプレートのデータが不正です。
X0305 壁に作用する風圧力の向きが特定できません。
W0777 柱脚で、アンカーボルトの応力が許容値を超えています。
C0322 片持床 床割りが正しく計算できません。床の荷重は周囲の節点へ伝達します。
セットバックにより台形となった壁のQuについて
セットバックにより台形となった壁のκについて
風荷重の見付面積を直接入力について
端部と中央部で鋼材種別が異なる場合の添板の鋼材種別について
柱の断面検定で中央部を出力する条件について
構造計算書の日時が更新されない
保証設計に出力される「雑壁付」の梁について
概算軸力の総和と接地圧の軸力の総和が異なる
鋼管(丸鋼)の短期σb/fbについて
RC梁断面算定に出力されるαSの計算方法について
多剛床を指定した建物の「Q」、「δ」を剛床ごとに確認したい
[WRC]
杭頭曲げモーメントの直接入力について
杭頭曲げモーメントが考慮されない
2017/10/27
[SS7]
W0697 S柱で細長比が200を超えています。
W0629 RC柱の最小径/主要支点間距離が1/15未満になっています。
C0627 RC柱で軸方向応力度がコンクリート設計基準強度の0.35倍を超えています。【ルート2-3】
C0616 RC梁で軽量コンクリートを用いた梁のAcがAtの0.4倍未満になっています。
C0614 RC梁で長期荷重においてptが0.004bdまたは存在応力によって必要とする量の4/3倍の値を満足していません。
W0532 設計応力が直接入力されています。
C1116 保有耐力横補剛を満足していない梁が降伏しています。
W1261 柱脚で、S造露出柱脚の立ち上げ部が割裂します。
W1260 柱脚で、S造露出柱脚の立ち上げ部縁辺が剥落します。
X0052 鉄骨断面が未入力です。
S梁にカバープレートが取り付くときのZおよびZpの計算について
保証設計に出力されるQMについて
仕口パネルの自動認識について
片持床の先端に配置したフレーム外雑壁の荷重伝達について
多雪区域とした場合の各出力項目における柱軸力について
地震用重量の合計値と、節点重量(地震用)の合計値が異なる
3本杭の場合の基礎断面算定における基礎幅について
保有水平耐力計算時のコンクリート強度について
保有水平耐力計算時の梁の水平面内応力の確認方法について
場所打ち杭のM-N値について
2017/09/28
[SS7]
C0531 設計応力の割増が入力されています。
C0527 独立基礎と直上の柱の向きが一致していません。
C0526 柱で、柱降伏によるQyを計算している一般階柱があります。【ルート2-3】
W0631 RC柱で主筋を断面積入力してるため付着の検討を行いません。
W0611 RC梁で主筋を断面積入力してるため付着の検討を行いません。
X1305 ボーリングデータが設定されていません。
C0523 柱で、柱に取り付く大梁の曲げ耐力が計算できなかった部材があります。
C0522 RC柱で、柱の最小径/主要支点間距離が 1/20未満になっています。
X0429 層せん断力分布の直接入力において、直接入力する階と自動計算する階が混在しています。
C0521 RC柱で、柱の最小径/主要支点間距離が 1/25未満になっています。
C0422 CMoQoを直接入力していますが、解析時に部材が分割されるため無視します。
ルート1-2におけるS造梁の横補剛の検討について
ルート1-2におけるS造梁の幅厚比の検討について
接合部の検討における梁ハンチの考慮について
幅厚比の検討でカタログと値と異なる
小梁上に配置したフレーム外雑壁の荷重伝達について
柱脚の終局時の検討結果の出力箇所について(構造計算書出力)
「必要保有水平耐力比較表」の"*1:Qu/Qun≧1.1"について
節点周りの応力が釣り合わない
特殊荷重で”CMoQoのみ”と入力した場合の応力について
水平力・重心位置のΣPxと水平力分担のΣQが異なる
鉄骨の断面算定結果出力において“C”の値が表示されない
剛節架構の応力割増率が"1.000"となる
『SS7』に読み込んだ『SoilBase2008』データの再生方法について
水平ブレースの軸力を確認したい

新着Q&A一覧へ

よくあるご質問

キーワードから探す

カテゴリ
キーワード

文書番号から探す

5桁数字で検索できます

ページの先頭へ戻る

(C) UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.