Q&A

更新日:2021年10月19日/Q&A掲載数:3,602題

(!)このページは、ソフトウェア購入者限定コンテンツです。閲覧には、会員登録が必要です。

サイトをご利用いただくには

新着Q&A

2021/10/04
[SS7]
線種編集で色を変更したが、JWW出力しても変更されない
二段筋に受け筋を作図したい
文字の大きさを変更したい
寸法線の作図位置を変更したい
梁の主筋の揃え方を変更したい
寸法線のサイズを変更したい
寸法線をすべての断面に作図したい
SRC梁の鉄骨かぶりを変更したい
SRC梁の鉄骨位置を変更したい
地業を作図したら、寸法線が割栗石にかかる
コンクリートの斜線や塗りつぶしを消したい
位置情報を各段に表示したい
階名に、“階”を表示したい
梁の下端を揃えたい
柱リストに壁を表示したい
梁リストに地業を表示したい
梁リストにスラブを表示したい
鉄筋マークの指定を変更したい
断面図横の主筋本数を消したい
端部と中央で同じ値であっても、それぞれ描画したい
項目欄の、コンクリート欄を削除したい
空欄の斜線を消したい
梁リストで両端が同じ断面の場合省略されますが、省略したくない
列を追加・削除したい
段を追加・削除したい
作図の範囲を途中の符号・層から書き始めたい
2021/09/22
[SS7]
W0642 開口補強の検定を満足していません。
C0651 SRC耐震壁でせん断補強筋比が最小補強筋比を下回っています。
W0692 S柱で軸力と曲げモーメントによる応力度が許容応力度を超えています。
W0672、W0673、W0674 S梁で ### 応力度が許容応力度を超えています。
C0667 RC接合部で通し配筋定着の検討を満足していません。
W0663 RC接合部で設計用せん断力が許容せん断力を超えています。
N0661 RC接合部で取り付く柱または梁の曲げ耐力が計算できないため断面検定できません。
C0675 S梁でたわみが鋼構造設計規準の制限値(1/300)を越えています。
N0643 耐震壁で鉄筋または内蔵鉄骨が未入力のため断面検定できません。
C0668 RC接合部 X方向で、0<ξ<1の範囲外となるため、検定を行いません。
C0648 RC耐震壁でせん断補強筋比が最小補強筋比を下回っています。
2021/08/17
[SS7]
W0626 RC柱で設計用せん断力が許容せん断力を超えています。
W0625 RC柱で設計用曲げモーメントが許容曲げモーメントを超えています。
C0630 RC柱で付着の検定を満たしていません。
A0431 フェイス位置が分割した材長を超えています。剛性を1000倍します。
W0608 RC梁で丸鋼に対して安全性確保のための付着の検討を行っています。
W0605 RC梁で設計用せん断力が許容せん断力を超えています。
W0604 RC梁で設計用曲げモーメントが許容曲げモーメントを超えています。
W0624 RC柱で設計用軸力が許容軸力を超えています。
C0612 RC梁でPwがPwmin未満になっています。
W0640 RC柱で付着割裂破壊の検定を満足していません。
W0639 RC梁で付着割裂破壊の検討を満足していません。
C0632 RC柱でPwがPwmin未満になっています。
C0633 RC柱でPgがPgmin未満になっています。
C0324 壁割りが正しく計算できません。壁の荷重は周囲の節点へ伝達します。
C0615 RC梁で端部と中央でせん断補強筋の配筋が変更されていますが1/4L位置でのせん断応力に対する検討を行っていません。
X0205 耐震壁の内法スパンが 0以下となっています。
X0405 支点がないため計算できません。
W0610、W0679、W0826 ~でたわみが制限値を超えています。
A0204 横補剛の指定が部材長を超えるため、入力データを無視します。
X0403 未知変位がないため計算できません。
N0623 RC柱で鉄筋重心位置が部材せいの1/2を超えています。
A0424 危険断面位置がパネル内にあるため、塑性ヒンジをパネル端に作成しました。
C0428 剛床の回転拘束を指定しています。
N0603 RC梁で鉄筋重心位置が部材せいの1/2を超えています。
W0095 ダミー層が指定されています。
A0232 パネル面が直接入力されています。
A0231 接合部パネル形状が直接入力されています。
A0230 座屈長さ係数が直接入力されています。
A0229 横補剛が直接入力されています。
C0233 支点の状態を指定しています。
2021/07/16
[SS7]
X0142 未登録の部材が配置されています。
A0138 ねじれた出隅床が配置されています。
X0131 部材の認識ができません。配置状態を見直してください。
A0113 柱で柱脚RCの下階柱がSRC柱となっています。
X0110 大梁でジョイント位置が他端のハンチ内側にあります。
W0063 柱脚でこの製品はCFT柱に適用できません。組み合わせ可能な柱を確認して下さい。
X0087 大梁でジョイント位置が柱断面内にあります。
X0082 開口形状が正しく認識できませんした。
X0081 片持床の位置が梁の範囲を超えています。
X0080 片持床に配置される床組のスパン長の合計が実スパンを超えています。
X0064 柱でUSD590(TTK)と異なる強度の鉄筋が混在しています。
X0126~X0128 ~基礎が重なって配置されています。
C0147 耐震壁の左右で通常階数が異なっています。
W0094 部分地下になっています。
2021/06/14
[SS7]
C1659 RC片持床で引張鉄筋比がつり合い鉄筋比を超えています。
W1658 RC片持床でたわみが制限値を超えています。
C1657 RC片持床で鉄筋断面積のコンクリート断面積に対する割合が0.2%未満となっています。
C1656 RC片持床で配筋間隔の規定を満足していません。
W1655 RC片持床で必要スラブ厚を満足していません。
W1654 RC片持床でせん断応力度が許容せん断応力度を超えています。
W1653 RC片持床で設計用曲げモーメントが許容曲げモーメントを超えています。
N1652 RC片持床で鉄筋重心位置が床厚の1/2を超えています。
N1651 RC片持床で配筋されていないため断面検定できません。
C1649 RC床で引張鉄筋比がつり合い鉄筋比を超えています。
W1648 RC床でたわみが制限値を超えています。
C1647 RC床で鉄筋断面積のコンクリート断面積に対する割合が0.2%未満となっています。
C1646 RC床で配筋間隔の規定を満足していません。
W1645 RC床で必要スラブ厚を満足していません。
W1644 RC床でせん断応力度が許容せん断応力度を超えています。
W1643 RC床で設計用曲げモーメントが許容曲げモーメントを超えています。
N1642 RC床で鉄筋重心位置が床厚の1/2を超えています。
N1641 RC床で配筋されていないため断面検定できません。
W1635 S片持梁でたわみが制限値を超えています。
C0224 形状係数が直接入力されています。
C0222 剛性低下率が直接入力されています。

新着Q&A一覧へ

よくあるご質問

キーワードから探す

カテゴリ
キーワード

文書番号から探す

5桁数字で検索できます

ページの先頭へ