Q&A

更新日:2021年04月30日/Q&A掲載数:3,493題

(!)このページは、ソフトウェア購入者限定コンテンツです。閲覧には、会員登録が必要です。

サイトをご利用いただくには

新着Q&A

2021/04/30
[SS7]
W1625 S小梁でたわみが制限値を超えています。
W1624 S小梁でせん断応力度が許容せん断応力度を超えています。
W1623 S小梁で曲げ応力度が許容曲げ応力度を超えています。
N1621 S小梁で断面性能直接入力の鋼材を使用しているため断面検定できません。
W1615 RC片持梁でたわみが制限値を超えています。
W1614 RC片持梁で設計用せん断力が許容せん断力を超えています。
W1613 RC片持梁で設計用曲げモーメントが許容曲げモーメントを超えています。
C0650 SRC耐震壁で壁厚が120mm未満になっています。
A0234 スリット付き壁の剛度増大率の適用条件を満たしていません。
A0235 床版の断面性能が直接入力されています。
C0356 地震力作用位置が直接入力されています。
C0355 地震力が直接入力されています。
C0354 層せん断力が直接入力されています。
N1612 RC片持梁で鉄筋重心位置が部材せいの1/2を超えています。
N1611 RC片持梁で配筋されていないため断面検定できません。
2021/03/30
[SS7]
X0115 片持梁 ~ で、ハンチ長が部材長を超えています。
A0351 風力係数が直接入力されています。
C0339 節点補正重量が負値で入力されています。
A0331 部材が配置されていない箇所に個別仕上(コンクリート)が配置されています。
C0141 メーカー製品ブレースをX形で配置しています。
C0139 水平ブレースを配置しています。
N1401 場所打ちTB杭で、腐食しろが鋼管厚さを超えています。
C0352 固有周期Tが直接入力されています。
X0121 壁の四隅に節点がありません。
C0225 剛度増減率が直接入力されています。
C1609 RC小梁で3段筋が使用されています。
W1605 RC小梁でたわみが制限値を超えています。
C0353 層せん断力係数が直接入力されています。
C0226 剛域が直接入力されています。
C0227 耐震壁の置換断面性能が直接入力されています。
2021/02/18
[SS7]
A0114 柱で非埋込み柱脚が配置されていますが、柱脚RCとなっていません。
C0213 断面性能を直接入力した鋼材を用いた~があります。
C1180、A1190 高強度せん断補強筋を使用した柱において軸方向応力度が0.35Fcを超えているため、副帯筋が必要です。
A0223 腰壁垂壁袖壁の有効断面の低減が直接入力されています。
W0618 RC梁 安全性確保のための付着の検討において、存在応力度を用いて検討しています。
C0646 耐震壁で壁厚が内法高さの1/30未満になっています。
C0647 耐震壁で等価開口周比(√(Ho*Lo/(H*L)))が0.4を超えています。
C1321 杭頭モーメントの直接入力があります。
X1016 鉄骨が入力されていません。
C0645 RC耐震壁で壁厚が120mm未満になっています。
A0216 床の隅が4でないため、置換ブレースのモデル化を行いません。
A0217 床版領域と、置換ブレース領域が大きく異なります。
A0221 結合状態が直接入力されています。
C0215 鉄骨が未入力のため剛性に鉄骨を考慮しません。
2021/01/26
[SS7]
C1922、C1923 壁量・柱量の確認におけるAwが0(ゼロ)となっています。
A1966 各層主体構造に存在しない構造種別が、計算ルートで指定されています。
C0100 節点同一化の指定があります。
C0099 節点上下移動の指定があります。
C0098 セットバックの指定があります。
C0097 軸振れの指定があります。
W0312 二次設計用の標準せん断力係数がCo≧1.0となっていません。
W0311 一次設計用の標準せん断力係数がCo≧0.2となっていません。
X0309 特殊荷重のパラメータが不正です。
C0106 壁にスリットの指定があります。
C0105 内部計算で雑壁と判定された壁に耐震壁の指定があります。
X0111 通常層に節点がありません。
A0112 壁で内蔵鉄骨を考慮せずRC耐震壁として計算します。
X0060 偏心タイプの柱脚の偏心方向が指定されていません。
X0010、X0011、X0012、X0013、X0016 ~の構造が建物の構造と異なっています。
N1602 RC小梁で鉄筋重心位置が部材せいの1/2を超えています。
N1601 RC小梁で配筋されていないため断面検定できません。
W1958 CFT造でルート1が指定されています。
W1604 RC小梁で設計用せん断力が許容せん断力を超えています。
W1603 RC小梁で設計用曲げモーメントが許容曲げモーメントを超えています。
2020/12/17
[SS7]
X0085 開口の高さ又は幅がマイナスになっています。
X0092 副剛床が連続して配置されていません。
X0061 SRC部材で鉄骨断面がコンクリート断面内に納まっていません。
X0076 同一節点間に複数のブレースが配置されています。
X0074、X0075 節点同一化により同一節点間に複数の~が配置されています。
X0062 SRC部材に高強度の鉄筋が使用されています。
C0044 許容応力度を直接入力したコンクリート材料を使用しています。
A0043 柱で場所打ち杭用の高強度せん断補強筋が使用されています。
C0454 基礎梁応力が直接入力されています。
X0006 片持床の数が ~ となり 99999 を超えています。
N0621 RC柱 ~ で、配筋されていないため断面検定できません。
X0007 フレーム外壁の数の合計が ~ となり 99999 を超えています。
X0054 杭 ~ で、断面が未入力です。
N0601 RC梁 ~ で、配筋されていないため断面検定できません。
X0053 水平ブレース ~ で、断面が未入力です。

新着Q&A一覧へ

よくあるご質問

キーワードから探す

カテゴリ
キーワード

文書番号から探す

5桁数字で検索できます

ページの先頭へ