UNION ASP System(ソフトウェアレンタル)

弊社が提供しているソフトウェアを
有料でレンタルできるサービスです。

  • 必要なソフトウェアをすべて購入するには費用がかかる
  • 年に1~2物件しか利用しない
  • 購入したいが、稟議が通らない
  • 購入しているライセンスが足りなくなった
  • 実物件で試してから購入を検討したい
  • 協力事務所からソフトウェアを指定された

1.『UNION ASP System』とは

ソフトウェアレンタルの流れ

ご利用になりたいソフトウェアの開始日、期間(31日・90日・366日)、本数をインターネットでお申し込みいただきますと、 ソフトウェアがご利用可能となります。あらかじめユーザー登録(無料)をしておけば、24時間いつでもお申し込みいただけます。 レンタル料金は、お申し込み後に請求書を発送いたします。また、料金にはASP専用用紙によるFaxサポートが含まれています。

2.レンタルできるソフトウェア

『UNION ASP System』一覧表

構造計算関連ソフトウェア(SuperBuildシリーズ)
SS7 SS3限界耐力 宅造擁壁
SS3 BF1 積算
RC診断2001 Ver2.6(2014) WRC DP1
RC診断2001 Op.SRC
(2009年改訂版 SRC耐震診断基準対応)
FEM RC2次部材
S耐震診断 FA1 US2-改訂版
Op.官庁施設耐震診断 MC1
振動解析ソフトウェア(SS21シリーズ)
IsolationPRO ShakePRO
DynamicPRO ShakePRO-L
SuperDynamicPRO SoilBase2008
DynamicPRO 付加減衰オプション Dynamic表層地盤アンプリファイア2007
DynamicPRO 曲線型履歴オプション Dynamic表層地盤相互作用オプション
DynamicPRO D-Triモデル追加オプション Dynamic振動アニメータ
Dynamic復元力特性モデラ SuperDynamic振動アニメータ

3.導入事例

  • 物件が重なってライセンスが足りなくなったのでASPで利用しました。 データの入力用だったので最短期間で済みました。
  • 必要になったソフトやオプションを、物件ごとにASPで利用しています。 ASPの料金はそのまま設計料に加算しています。
  • ASPで利用してみたらとても便利だったので、次の物件がきたら購入するつもりです。
  • 購入しなくても即時に利用することができるので非常に便利ですね。 一般的なソフトのように、使用を希望する事業所にUSBプロテクトを郵送する手間もありません。
  • 変更や訂正用に、もう少し短期のレンタルがあると助かります。
  • 独立したばかりで『SS3』と『BF1』しか購入していませんが、他のソフトが必要になったときはASPで借りられるので安心です。
  • 購入しても使う機会が少ないので、今回はASPにしました。
  • 購入するよりも金額が小さいので、社内的に申請が通りやすかった。
  • 『SS3』の構造種別をRC造に限定することで、レンタル料金も割安でした。
  • 新しいスタッフの勉強用に1か月だけレンタルしました。
  • 出向先で使うためにASPで利用しました。使い慣れたソフトが利用できたので良かったです。

4.よくある質問(FAQ)

Q1. いつから使えるようになりますか?

『Web License System』ライセンスマネージャをお使いのお客様は、すぐにご利用いただけます。 まだ、弊社とお取引のないお客様は、利用者登録に数日かかります。詳細につきましては、弊社までお気軽にお問い合わせください。

Q2. 何日前から申し込みできますか?

利用開始日の4日前からお申し込みいただくことができます。

Q3. 利用料金の支払いは?

ご利用料金のお支払いにつきましては、毎月15日締めのご請求となります。 振込手数料は貴社にてご負担願います。

Q4. どのようなソフトが使えるのですか?

一部を除き、弊社が提供しておりますほとんどのソフトウェアが対象です。 詳細につきましては、弊社までお気軽にお問い合わせください。

Q5. サポートは受けられますか?

Faxでのサポートが受けられます。 それ以外(webサイト、電話)でのサポートを希望される場合は、インシデントの対象となります。

Q6. 『Super Build® 総合メンテナンス』に加入していますが、何か特典はありますか?

ASPのご利用料金が会員特別価格となります。
例)『Super Build®/SS7-RC 制限版』[31日] 154,000 円 → 110,000 円(税別)

Q7. 解説書はありますか?

ソフトウェア内のヘルプメニューからPDF解説書をご覧いただけます。

Q8. バージョンアップがあった場合はどうなりますか?

ご利用料金の中にバージョンアップ料が含まれておりますので、常に最新のソフトウェアをご利用になれます。

「ソフトウェアをご検討中の方」向けのお問い合わせ窓口をご案内いたします。

お問い合わせフォーム

ソフトウェアの購入や体験版に
関するご相談はこちらから

お問い合わせフォームへ

資料請求フォーム

ソフトウェアカタログの
資料請求はこちらから

資料請求フォームへ

電話

東京支店
03-3352-6121
名古屋支店
052-269-3311
大阪支店
06-6768-9338

受付時間 9:00~12:00/13:00~18:00
※土日・祝日、弊社規定休業日除く

ページの先頭へ