現在位置
トップページ > 商品・サービス > 振動解析ソフト > SS21/SoilBase2008 > 計算内容

商品・サービス

[地盤情報データベース]Super Build/SoilBase2008

  • 構造計算ソフト一覧へ
  • 振動解析ソフト一覧へ


Fl値法による液状化発生予測

Fl値法による液状化発生予測

PL値による液状化危険度予測

PL値による液状化危険度予測

PL 液状化の危険度
0 かなり小さい
~5 低い
5~15 高い
15~ 極めて高い

繰返しせん断変位による液状化の程度予測

繰返しせん断変位による液状化の程度予測

補正N値と応力比のプロット点における繰り返しせん断ひずみγcyを、隣接するグラフ値の対数補間によって得ます。

Dcy(cm) 液状化の程度
0 なし
0~5 軽微
5~10
10~20
20~40
40~ 甚大

液状化による水平地盤反力係数の低減率

液状化による水平地盤反力係数の低減率

補正N値と対象地層の深度から水平地盤反力係数Khの低減率βを連続曲線で示されたグラフ値から得ます。

液状化による地盤剛性低下率・液状化に至る前の水圧上昇比

液状化による地盤剛性低下率・液状化に至る前の水圧上昇比

繰返しせん断ひずみγcyから地盤剛性低下率をグラフ値から得ます。また水圧上昇比ruは、ru=Fl-7 から得ます。

 図は計算概要を示すためのものであり、プログラムにこれらの出力機能はありません。

商品カタログの表紙

ソフトウェアに関する商品カタログ(無料)をお送りします。
  • ご希望商品の資料を無料でお届けします。右記ボタンから資料請求フォームへお進みください。
  • 資料請求はこちら
    SSL対応

[お電話でのお問い合わせ]受付時間:9:00~12:00/13:00~18:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)東京支店:03-3352-6121、名古屋支店:052-269-3311、大阪支店:06-6768-9338

ページの先頭へ戻る

(C)  UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.