現在位置
トップページ > 商品・サービス > 構造計算ソフト > Super Build/MC1 > オプション機能

商品・サービス

[鉄骨部材関連の設計ソフト]『Super Build/MC1』

  • 構造計算ソフト一覧へ
  • 振動解析ソフト一覧へ

『MC1』のオプションソフトウェア『MC1 Op.1』を追加することで、以下の計算機能が利用できます。


S横補剛の検討*1

S横補剛の検討拡大する

取り扱う断面形状

H形鋼(BH形鋼)、溝形鋼、リップ溝形鋼、つづり合わせ溝形鋼、つづり合わせリップ溝形鋼、角形鋼管、鋼管を取り扱えます。

計算内容

  • 大梁に取りつく横補剛材の検討を行います。
  • 横補剛材を横補剛としてのみ使用する場合と小梁として使用する場合のいずれかを選択できます。*2
  • 集中横力F(=係数×C)の算出における係数を変更できます。

pdfファイル 出力イメージ(S横補剛の検討)

S横補剛間隔の計算*1

S横補剛間隔の計算拡大する

取り扱う断面形状

H形鋼(BH形鋼)を取り扱えます。

計算内容

  • 「2007年版 建築物の構造関係技術基準解説書」P.593~596【はりの横補剛による変形能力確保について(保有耐力横補剛)】に記載されている内容を参考に、大梁の横補剛間隔の計算を行います
  • 正負加力時における崩壊メカニズム時の応力状態を考慮して、“端部に近い部分に横補剛を設ける方法”にて横補剛を配置します。
  • 左端・右端の降伏曲げモーメントMyより小さい部分において、“中央部の検討”により、中央部(弾性域)における各横補剛位置間の許容曲げモーメントMaと横補剛位置における曲げモーメントを 比較検討します。

pdfファイル 出力イメージ(S横補剛間隔の計算)

Sスタッド付横補剛の検討*1

Sスタッド付横補剛の検討拡大する

取り扱う断面形状

大梁にはH形鋼(BH形鋼)を取り扱えます。
横補剛材にはH形鋼(BH形鋼)、溝形鋼、リップ溝形鋼、つづり合わせ溝形鋼、つづり合わせリップ溝形鋼、角形鋼管、鋼管を取り扱えます。

計算内容

  • 上フランジがスタッド付きコンクリートスラブで拘束されている大梁に取りつく横補剛材の強度と剛性を検討します。
  • 集中横力F(=係数×C)の算出における係数を変更できます。
  • スタッドの短期qs算出用の係数を変更できます。

pdfファイル 出力イメージ(Sスタッド付横補剛の検討)

S梁継手の計算*1

S梁継手の計算拡大する

取り扱う断面形状

H形鋼(BH形鋼)を取り扱えます。

計算内容

  • H形鋼(BH形鋼)梁継手部の全強接合と保有耐力接合の検定計算を行います。
  • 全強接合では、設計用応力に対してフランジおよびウェブのボルトと添板の検討を行います。
  • 保有耐力接合では、塑性化領域の判定を行い、部材の使用鋼材に応じた安全率αを用いて設計用応力を決定します。指定により“フランジ部ちぎれ破断”を用いての検討も行います。
  • 耐震診断に用いる部材耐力および靭性指標の計算も行います。

pdfファイル 出力イメージ(S梁継手の計算)

S梁・非充腹材の計算*1

S梁・非充腹材の計算拡大する

取り扱う断面形状

山形鋼、カットT形鋼、溝形鋼、リップ溝形鋼を取り扱えます。

計算内容

  • 非充腹材を用いた梁の終局耐力を計算します。
  • 弦材と腹材に分けて、各接合部の耐力等を確認できます。
  • 計算結果は計算式も含めて出力しますので、手計算で結果を確認できます。

pdfファイル 出力イメージ(S梁・非充腹材の計算)

S柱・非充腹材の計算*1

S梁・非充腹材の計算拡大する

取り扱う断面形状

山形鋼、カットT形鋼、溝形鋼、リップ溝形鋼、H形鋼を取り扱えます。

計算内容

  • 非充腹材を用いた柱の終局耐力を計算します。
  • 弦材と腹材に分けて、各接合部の耐力等を確認できます。
  • 計算結果は計算式も含めて出力しますので、手計算で結果を確認できます。

pdfファイル 出力イメージ(S柱・非充腹材の計算)

ライト版ソフトウェア

『MC1』がなくても、S梁・S柱非充腹材の終局耐力計算、S横補剛の検討およびS横補剛間隔の計算機能、S梁継手の計算と『MC1』の付加機能(鉄骨の断面性能、CMoQo、風圧力、積雪荷重の計算)が利用できるライト版ソフトウェアの『Super Build/MC1-L』をご用意しています。

項目 計算機能 MC1 MC1 Op.1 MC1-L
プログラム S梁の断面算定(FA1リンク)S柱の断面算定(FA1リンク)S小梁の断面算定S片持梁の断面算定Sブレースの設計S胴縁の設計S間柱の設計S耐風梁の設計S母屋の設計CMoQoδの計算S梁の断面算定S柱の断面算定S柱はり耐力比
オプション S梁・非充腹材の計算S柱・非充腹材の計算S横補剛の検討S梁継手の計算Sスタッド付横補剛の検討S横補剛間隔の計算
付加機能 鉄骨の断面性能CMoQoの計算風圧力の計算積雪荷重の計算

*1 オプションソフトウェア『MC1 Op.1』が必要となります。

*2 小梁として使用する場合は、「ビルデイングレター '10.8」の質問と回答【「建築確認・検査」及び「構造計算適合性判定」の申請に役立つQ&A (1)折版屋根など大梁の上フランジが有効に拘束されていない場合】に記載されている内容を参考にしています。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左のバナーをクリックしてダウンロード(無償)してからご覧ください。

商品カタログの表紙

ソフトウェアに関する商品カタログ(無料)をお送りします。
  • ご希望商品の資料を無料でお届けします。右記ボタンから資料請求フォームへお進みください。
  • 資料請求はこちら
    SSL対応

[お電話でのお問い合わせ]受付時間:9:00~12:00/13:00~18:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)東京支店:03-3352-6121、名古屋支店:052-269-3311、大阪支店:06-6768-9338

ページの先頭へ戻る

(C)  UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.