現在位置
トップページ > 商品・サービス > 構造計算ソフト > Super Build/RC診断2001 Op.SRC > 入力

商品・サービス

[耐震診断ソフト]Super Build/RC診断2001 Op.SRC

  • 構造計算ソフト一覧へ
  • 振動解析ソフト一覧へ


『SS3』『US2(改)』のデータを利用

  • 一貫構造計算ソフト『Super Build/SS3』(以下『SS3』)、静的弾塑性解析ソフト『Super Build/US2-改訂版』(以下『US2(改)』)で入力した建物データを利用します。
  • 必要最小限のデータ入力で、目的の診断次数による耐震診断が行えます。

部材ごとに指定した材料を考慮

柱・梁・壁の部材ごとにコンクリート材料および鉄筋材料を指定*1できますので、工期が異なる建物の耐震診断に対応できます。

充腹形・非充腹形に対応

SRC造柱・梁の内蔵鉄骨として、充腹形(フルウェブ)と非充腹形(格子形、ラチス形)に対応しています。

鉄骨形状の入力は、『SS3』または『US2(改)』で行います。

振動特性係数Rtの考慮

入力した振動特性係数RtをIsoおよびCTu・SDの判定値に考慮します。

外力分布による補正係数

外力分布による補正係数は、(1/Ai)または(n+1)/(n+i)のどちらかを選択できます。
直接入力も可能です。

崩壊モード形による優遇

3次診断での崩壊モード形による優遇の対応として、補正係数(λ)の入力によりEo指標を補正できます。

袖壁付柱のモデル化の指定

袖壁付柱のせん断終局強度の計算におけるモデル化として、“均等モデル”または“形状モデル”が選択できます。

袖壁付柱のモデル化の指定

柱脚部の対応

2次診断において柱脚部を考慮するために、柱脚形状(非埋込み柱脚)の登録およびEoB指標に関する入力項目を設けています。

設計上のさまざまなニーズに対応するための直接入力項目

「内部計算とは異なる耐力やF値、破壊形式を採用したい」、「追加で考慮したい部材がある」、「グルーピングに考慮したくない部材がある」など、設計上のさまざまなニーズに対応するために直接入力の項目を設けています。補強設計にもご利用いただけます。

主な入力例

  • 耐震診断方法-指標

    建物規模
    拡大する

  • 耐震診断方法-解析条件1

    耐震診断方法
    拡大する

  • 非埋込み柱脚部の終局強度

    形状指標
    拡大する

  • EoB指標

    経年指標
    拡大する

  • 鉛直部材の直接入力

    増設ブレース
    拡大する


*1 指定は『SS3』または『US2(改)』で行います。

商品カタログの表紙

ソフトウェアに関する商品カタログ(無料)をお送りします。
  • ご希望商品の資料を無料でお届けします。右記ボタンから資料請求フォームへお進みください。
  • 資料請求はこちら
    SSL対応

[お電話でのお問い合わせ]受付時間:9:00~12:00/13:00~18:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)東京支店:03-3352-6121、名古屋支店:052-269-3311、大阪支店:06-6768-9338

ページの先頭へ戻る

(C)  UNION SYSTEM Inc. All rights reserved.