UNION ASP Seminar(動画セミナー)

『SS3』から変更された『SS7』の主な内容

『SS3』から変更された『SS7』の主な内容

『SS3』をご利用中で『SS7』への書き換えに不安をお持ちのお客様や、
『SS7』を使い始めたばかりで理解を深めたいお客様に向けた講習会です。
計算条件や各項目の注意点についてお伝えします。

視聴について

対象・内容
  • 弊社一貫構造計算ソフトウェア『SS3』をご利用中で『SS7』への書き換えに不安をお持ちのお客様
  • 『SS7』を使い始めたばかりで、理解を深めたいお客様
視聴時間 1時間08分05秒
視聴期間 開始日より31日間
受講料 『Super Build 総合メンテナンス』または『Super Build 個別メンテナンス』をご契約のお客様は、
無料でご視聴いただけます。
備 考
  • 講習会に関するご質問は、視聴後に表示されるアンケートフォームで受け付けます。
    このとき、インシデントは消費されません。
  • セミナーファイル(.usv)は弊社独自のデータ形式で、セミナーが格納されています。
今すぐダウンロード

『SS3』から変更された『SS7』の主な内容

ss7_change.usv[119MB]

ASP Seminar を初めて視聴されるお客様は、『UNION Player』のセットアップが必要です。
 詳しくは「初めて視聴する方へ(視聴方法・流れ)」をご覧ください。

セミナー内容

『SS3』をご利用中で『SS7』への書き換えに不安をお持ちのお客様や、『SS7』を使い始めたばかりで理解を深めたいお客様に向けた講習会です。
計算条件や各項目の注意点についてお伝えします。

セミナー内容(抜粋)

  • 構造心とのズレ
  • スラブ協力幅の計算
  • 建物外周部床の考慮
  • 冷間成形角形鋼管の耐力低減
  • 断面算定位置 部材ごとの指定
  • 多様なブレース形状
  • スリットは壁際、開口際、開口は最大6つ
  • 5次小梁、最大9本、角度指定
  • 応力計算用特殊荷重(保有水平耐力時)

セミナー内容をすべて見る

  1. はじめに
  2. 建物規模
  3. 構造心とのズレ
  4. 各層スラブ厚
  5. 基礎形式
  6. 二重スラブ
  7. ダミー層
    • 層グループ、通常階、ダミー階
    • 指定方法
    • 計算方法(荷重計算、応力解析)
    • 計算方法(断面算定~保有水平耐力)
  8. 耐震壁と周辺部材の応力整理
  9. 耐震壁剛性計算における寸法のとり方
  10. 開口が複数ある場合の包絡方法
  11. 梁・柱Aの計算方法
  12. 柱軸変形用断面積・剛域
  13. スラブ協力幅の計算
  14. 床によるIの計算方法
  15. 壁の取り扱い
  16. 柱軸力の低減
  17. 建物外周部床の考慮
  18. 鉄骨重量の割増率
  19. 耐震壁周りの荷重項考慮
  20. 鉛直時のブレース軸力負担
  21. 外力の作用角度
  22. 水平外力の荷重方向
  23. 偏心率計算方法
  24. 層間変形角
  25. 面内雑壁のn値
  26. 剛接架構の応力割増の上限設定
  27. 壁検定でQL考慮、開口補強、付帯梁の主筋量チェック
  28. 材料強度に対する基準強度の割増率
  29. 断面算定用柱の長期軸力
  30. 断面算定部材の最小せい
  31. 柱断面検定の二軸曲げ
  32. 梁と柱の主筋選定
  33. 付着の検討
  34. 直交加力時の梁の断面算定
  35. 1/4L地点の断面算定
  36. 柱0.8%の採用、芯鉄筋
  37. S梁仕口で鋼構造接合部設計指針
  38. S梁断面検定で軸力考慮
  39. S梁たわみをS規準で検定
  40. S柱脚の計算条件
  41. 冷間成形角形鋼管の耐力低減
  42. 荷重増分解析時の基礎応力
  43. 柱Mcの二軸曲げ
  44. 袖壁付柱のe関数式、ACI規準式
  45. RC柱のQu算定式(軸力の影響)
  46. 耐震壁のQu 開口による低減
  47. 袖壁付柱のQu算定式
  48. SRC終局耐力 鋼管コンクリート
  49. SRC終局耐力 柱のMu算定式
  50. SRC終局耐力 耐震壁Qu
  51. S柱の終局耐力
  52. S柱の柱脚と脚部の耐力
  53. S梁のMuに横座屈の考慮
  54. S接合部パネルの降伏判定
  55. 増分解析の終了条件(一般階以外の扱い)
  56. 部材種別 未降伏部材の降伏判定
  57. 部材種別 直交方向フレームの考慮
  58. 部材種別 RC部材
  59. 部材種別 S部材
  60. 断面算定位置 部材ごとの指定
  61. 危険断面位置 部材ごとの指定
  62. 斜めの柱
  63. 鉛直方向の節点の同一化
  64. 多層にわたる耐震壁
  65. 多様なブレース形状
  66. 積雪荷重 屋根形状係数
  67. 風荷重 作用角度、片持床、側壁面
  68. 傾斜地に建つ場合の地震力
  69. 多剛床のときの保有水平耐力
  70. 高強度せん断補強筋の混在
  71. S柱と同時に柱脚を登録
  72. 荷重、剛性計算用の断面
  73. 柱、梁を断面リストで確認
  74. 梁主筋が3段筋まで入力可
  75. 梁のせん断補強筋(中央、左端、右端)
  76. 一本部材の指定(マウス入力)
  77. ジョイント位置(マウス入力)
  78. スリットは壁際、開口際、開口は最大6つ
  79. フレーム外雑壁の角度指定、荷重伝達
  80. 片持梁の上下左右の傾き
  81. 5次小梁、最大9本、角度指定
  82. 床荷重の伝達方向
  83. 水平ブレースの引張のみ考慮
  84. 雑壁(袖壁・腰壁・垂壁)の廃止
  85. 応力計算用特殊荷重(保有水平耐力時)
  86. 剛床仮定の解除
  87. 直接基礎
  88. 最後に

(講習会テキスト抜粋)

初めて視聴する方へ(視聴方法・流れ)

STEP.1 『UNION Player』のセットアップ

UNION ASP Seminar(動画セミナー)は、
『UNION Player(無料)Ver.2.01以上』を利用して
視聴します。
セットアップがまだの方は、ダウンロードをお願いします。

step1『UNION Player』のセットアップ

STEP.2 『ライセンスマネージャ』で申し込む

『ライセンスマネージャ』を起動し、
「管理者メニュー&ASP申し込み」をクリックします。
視聴したいセミナーの視聴開始日、本数を入力してください。
その後「ライセンスの取得・返却」よりライセンスを取得してください。

step2ライセンスマネージャで申し込む

STEP.3 セミナーファイル(.usv)のダウンロード

各UNION ASP Seminar(動画セミナー)のページから
セミナーファイル(.usv)をダウンロードしてください。

step3セミナーファイル(.usv)のダウンロード

STEP.4 セミナーが視聴できます

ダウンロードしたセミナーファイル(.usv)をダブルクリックすると、セミナーが始まります。
『UNION Player』の操作にご不明な点があれば『UNION Player』の操作方法をご参照ください。

視聴方法を動画で詳しくご覧いただけます。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左のバナーをクリックしてダウンロード(無償)してからご覧ください。

ページの先頭へ